地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、幡多・高幡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

幡多・高幡の地域情報サイト「まいぷれ」幡多・高幡

幡多・高幡(中土佐町・津野町・梼原町・四万十町・黒潮町・四万十市・宿毛市・三原村・大月町・土佐清水市)エリア選択

ほにや

和雑貨店

高知よさこい祭りなら「ほにや」

088-872-0072088-872-0072地図を見る
ケータイ・スマホで見る
「ほにや」高知よさこい祭りなら「ほにや」
【ほにや】は、高知の方言で「ほんとうにそうだね」というあいづちをうつ時の、昔言葉です。ほっとするようなものづくりと、日本の歳時を楽しむオリジナルブランドのメーカーです。
和のもつ愛らしさ、粋さシックさを私達の感性にあうカジュアルな生活雑貨に仕立てたいという思いから【ほにや】は生まれました。

ほにやのコンセプト

〔ほにや〕は“今”を生きる私達が、日本の文化を身近に感じられ「日本人でよかったな」と思える時間を提案できる斬新な感性を持った「日本の新しい老舗」を目指しています。

ややもすると西洋文化一色になりがちな私たちのライフスタイルの中に自然にとけこむ“普段使いの和”を提案したいと考えています。
「ほにや」
「ほにや」

ほにや代表が振り返るよさこいのあゆみ

よさこいが始まったのは1950年のこと。
戦後の沈みゆく景気を活性化させるために、高知商工会議所が中心となって立ち上げたお祭りです。
その当時は、まだ数百人という小さな規模で行われていましたが、高度経済成長期になると、全国へ向けたテレビ中継も始まり、そこから「高知県を代表するお祭り」として、徐々に浸透しはじめていきました。
そして、時代は昭和から平成へ。
各チームの衣装や地方車はこれまで以上に豪勢さを増していき、個性的に変化していきました。
日本全国でも“よさこいブーム”が巻き起こり、ここ高知県では地元の受賞チームと各県の代表チームがしのぎを削りあいました。
「ほにや」
「ほにや」

ほにやよさこい結成ー踊る人も見る人も笑顔にー

「踊り子と観客の間には、大きな温度差がある」
踊ってあげている、見せてあげている。そんな気持ちで観客を笑顔にするのは難しいと考えました。
【続けることができたからこそ今がある】
暗い気持ちになったとき、ある少女から言われた「来年も踊るき、またやってよ!」という言葉に背中を押してもらったこともありました。
【喜んでもらうために挑戦をやめない】
ほにやよさこいでは、毎年コンセプトを変えながら、その踊り、衣装、音楽を観客の皆様に楽しんでいただいています。
名称ほにや
フリガナホニヤ
住所780-0841 高知市帯屋町2-2-4
電話番号088-872-0072
ファックス番号088-872-0068
営業時間10:00~19:30 平日
10:00~20:00 土曜、祝日前日
定休日不定休
クレジットカードVISA/Master/JCB/American Express/Diners Club
関連ページホームページ
インスタグラム
フェイスブック
こだわり
ジャンル
口コミ(1件)一覧へ
最新の記事(全1件)一覧へ
近くのお店・施設
近くで開催中または開催予定のイベント
お店・施設を探す